筋肉を緩める働きがある

顔に触れる女性

リスクも知っておこう

表情ジワの緩和や小顔施術、ふくらはぎの痩身など、美容分野で大いに役立っているのが、ボトックス注射です。食中毒を起こすボツリヌス菌から毒素を抜いて製剤化したものを注射します。ですから、注射をしたからといって食中毒を起こすという副作用はありません。表情ジワは、筋肉の動きによって皮膚に癖が付いたものです。神経伝達物質のひとつであるアセチルコリンが、筋肉を動かす役割を果たしています。ボトックスにはアセチルコリンの指令が筋肉に伝わりにくくする作用があります。そのため、表情が癖付いてシワになるのを防げるのです。また、咬筋が張って顔が大きく見える人の小顔施術や、ふくらはぎの筋肉が発達している人の痩身などにも効果が期待できます。代表的な副作用を挙げるとすれば、スポック・ブローや表情の喪失などがあります。スポック・ブローは例えば眉間のシワ解消のためにボトックスを打った場合に、眉尻が極端につり上がってしまうなどの症状です。これはボトックスを打つ量などに気をつけると防止できます。そして表情の喪失は、法令線に対して注射した場合に出やすい症状です。法令線のシワはたるみが原因なので、ボトックスを打つと顔の下半分が動きにくくなってしまう可能性があります。ボトックスの副作用には、スポック・ブローや表情の喪失などがありますが、めったに起こることではありません。そして、ボトックス注射で起きた副作用の対処法というものは特になく、自然に効果が切れるのを待つだけです。効果が切れるのは早くて3カ月、長くて半年程度なので、技術に優れた症例数の多いドクターに頼むことが大切です。それから、ボトックスとは始めに医療用として発売したメーカーの商品名でしたが、現在ではボツリヌス製剤の総称となっています。そのため、どの製剤でも同じ品質、同じ価格というわけではありません。リーズナブルな費用でボトックス注射を打てるクリニックは増えているものの、使用する製剤の安全性についてはしっかりと調べる必要があり、そうでなくてもリスクについて知っておくことが大切です。なお、国内で認可されているのは、ごく一部のメーカー品だけです。ボトックス注射の後は、他の部位へ製剤が広がらないように、マッサージは3から4日は避けます。また、寝るときに枕で圧迫しないようにすることも大事です。万が一腫れたり内出血が起こったりした場合は飲酒や入浴を控え、シャワーにしておきます。それから、念のために3カ月間は妊娠、授乳、受精は禁忌となっています。