副作用が少ないボトックスで小顔を目指そう【プチ整形として好評】
注射

簡単な施術で効果的

顔に出来てしまった表情のクセによるシワを取ったり、エラが張っている部分の筋肉を収縮して小顔に出来たりするボトックスは手軽なプチ整形として人気です。ダウンタイムがほとんどなく副作用の心配も少ないため、多くの方から支持されています。

詳しく見る

看護師

安全にできる美容整形

顔にできたシワなどに使われるボトックスの方法は効果が高く、注射をするだけで利用できるので人気があります。基本的に副作用のない治療法ですけど、施術を受ける時に正確に対応しないと問題が起こるので注意も必要です。

詳しく見る

顔に触れる女性

筋肉を緩める働きがある

ボトックス注射は、筋肉を動かす指令を弱めるよう働きかけるので、表情ジワの緩和に大いに役立ちます。しかし、打つ部位や量を間違えると顔を動かしにくくなるなどの副作用が起こります。製剤の安全性やリスクを知った上で、経験豊富な医師に頼みましょう。

詳しく見る

注射

クリニック選びが鍵を握る

人気のボトックス注射ですが、施術を受ける場合が技術力の高いドクターを選ぶことが副作用のリスクを少なくする為に大切なことです。誤った量や箇所に注入すると効果が強く出過ぎてしまい副作用が出てしまうので、下調べをした上でクリニックを選びましょう。

詳しく見る

多汗症に有効か

水着姿の女性

可能性は未知数

美容クリニックには様々な切らない施術が用意されており、プチ整形として好評を得ています。注射治療もその一つですが、シワを軽減するアンチエイジング施術に欠かせなくなっているのが、ボトックス注射です。眉間や目元のシワに有効で、また頬の咀嚼筋が発達している人に対しては小顔効果も狙えます。副作用として、表情が動かしにくくなったり眉毛が極端に上がったりする症例が挙げられます。打つ場所や量によるものなので、解剖学などに精通している経験豊富なドクターであればさほど心配いらないでしょう。それに、ボトックス注射は多汗症の改善にも役立てられています。多汗症は必要以上に汗をかいてしまう疾患です。全身性多汗症と局所多汗症があり、後者は脇や手の平、足の裏などからの発汗が多いです。原因ははっきりしておらず、交感神経が人より過敏なのではないかと考えられます。治療法は塩化アルミニウムの外用薬を用いるのが第一選択ですが、第二選択にボトックス注射が挙げられています。ボトックス注射は保険適用外になるので、皮膚科以外に美容クリニックで治療が可能です。脇への注射後に腕のだるさや脇の熱さなどを訴える患者さんもおり、副作用なのではないかとされています。ただ、発汗は抑えられるケースが多いです。美容医療に用いられ始めた2009年以降、眉間のシワを中心とした表情ジワの緩和にボトックスは大いに役立てられています。ボトックスは元々けいれんを抑える作用があるとして、眼科や神経内科などの分野から活用が始まりました。ボトックスの原料であるボツリヌス菌は神経毒の作用を持つため、神経伝達物質のアセチルコリンが出るのを邪魔します。アセチルコリンは筋肉を動かすための指令を運ぶ物質ですが、発汗を促す指令を出す働きも持ちます。ですから、尋常でない汗をかいてしまう多汗症の治療にも効果的なのです。特に有効だと言えるのは脇汗に対してです。わきがの場合直接的な治療にはなりませんが、発汗を抑えることである程度の臭いを抑えることは可能だとされています。ボトックス注射にかかる時間は約5分と短時間で、効果が持続する期間は半年から1年が目安です。しかし、多汗症の治療に有効なボトックスの量や注射時の痛みのコントロール法などは、まだはっきりと定められていません。眼瞼痙攣などの治療に用いられてから長い年月が経ちますが、少量の投与でも様々な副作用が報告されています。ですから、脇へ注射をするときは、副作用の可能性があるということは念頭に入れておきましょう。